エステート・プランニングとは

簡単に言うと、まずご自分の健康状態が悪化した場合にご自分の医療処置や財産管理について、どう対応するかを考え計画すること、また更にご自分の死後の財産分与方法を予め決めて手配しておくことです。その過程において税金 を最小限に抑えるように計らい、またプロベート (Probate) という州裁判所による遺産相続検認手続きを回避出来るようにすることは、エステート・プランニングの最たる利点ですが、それ以外に私が強調したいと思うエステート・プランニングの利点は、大病時に備えて準備が出来 ている安堵感や、遺産相続時に遺族間の調和維持に役立つなどの、無形の効果です。メリット法律事務所では皆様それぞれの状況にそった綿密なエステート・プランを作成致します。

エステート・プランニングでは主に次の書類を作成します。

事前医療介護指示書
(Advance Health Care Directive)
ご自分の健康管理が出来なくなった場合の代理人を指名し、又延命処置などに関するご自分の意向を指示します。

委任状
(Durable Power of Attorney)
ご自分の財産管理が出来なくなった場合の代理人を指名し、法廷監視による財産管理者制度を回避します。

遺言書
(Will)
死後の財産分与を指示します。又未成年の子供の後見人を指名します。

生前信託
(Living Trust)
遺言書だけではなく、生前信託を使って遺産譲渡をすることによって、プロベートを回避する 、税や相続の経費を最小限に抑える、財産などに関するプライバシーを守る、などの利点があ ります。又生前信託を使ったエステート・プランニングは、色々な状況を想定して準備できる ので、最も順応性に富んだプランとも言えます。

プロベート(遺産相続検認手続き)とは

法廷の監視下で執行される手続き で、(1)故人の財産を確認し負債と税金を支払う、(2)遺言書があれば、それが正規なも のであることを確認する、並びに(3)正規の受益人を確認し財産を配分する、などがその主な内容で、その情報は公開の対象となります。手続きに要する期間は9ヶ月から1年半ですが 、より長期になる場合もあります。またプロベートの手続きには法令で定められた弁護士費用 が伴います。メリット法律事務所ではプロベートの手続きをお引き受け致します。

トラスト・アドミニストレーション(信託財産管理)とは

信託が設定された後、信託設定者が受託者 (Trustee) に信託財産の管理を委任し、受託者はその信託の条件に従って受益者 (Beneficiary) のために信託財産の管理又は分配を行いますが、それに関わる一連の作業を指します。基本的に裁判所は関与せず、私的に執行されるもので、その継続期間は信託によって様々です。よくある例では、生前信託の設定者が亡くなった後、受益者が未成年、障害又は高齢などの理由で財産管理が出来ない場合には、信託財産は直ちに受益者に分配されるのではなく、別の人物が受託者の任務を後継し、受益者のために引き続き財産を管理し、必要に応じて財産を配分します。後継受託者は、親戚や家族の一員が適任である場合もあれば、信託業務を仕事とする個人、又は銀行の信託部門を指名した方が良い場合もあります。メリット法律事務所では、トラスト・アドミニストレーションの援助をお引き受け致します。